画像:パーマリィ・イン千鳥山荘

H24.4.1

料金について

1. 特別養護老人ホーム ご利用料金(ユニット型個室)

要介護1の方(月30日の場合)

施設利用料(加算含む) 食費 居住費 合計
22,792円
第1段階 9,000円 第1段階 24,600円 56,392円
第2段階 11,700円 第2段階 24,600円 59,092円
第3段階 19,500円 第3段階 39,300円 81,592円
上記以外 41,400円 上記以外 87,000円 151,192円

要介護2の方(月30日の場合)

施設利用料(加算含む) 食費 居住費 合計
23,576円
第1段階 9,000円 第1段階 24,600円 57,176円
第2段階 11,700円 第2段階 24,600円 59,876円
第3段階 19,500円 第3段階 39,300円 82,376円
上記以外 41,400円 上記以外 87,000円 151,976円

要介護3の方(月30日の場合)

施設利用料(加算含む) 食費 居住費 合計
25,865円
第1段階 9,000円 第1段階 24,600円 59,465円
第2段階 11,700円 第2段階 24,600円 62,165円
第3段階 19,500円 第3段階 39,300円 84,665円
上記以外 41,400円 上記以外 87,000円 154,265円

要介護4の方(月30日の場合)

施設利用料(加算含む) 食費 居住費 合計
28,059円
第1段階 9,000円 第1段階 24,600円 61,659円
第2段階 11,700円 第2段階 24,600円 64,359円
第3段階 19,500円 第3段階 39,300円 86,859円
上記以外 41,400円 上記以外 87,000円 156,459円

要介護5の方(月30日の場合)

施設利用料(加算含む) 食費 居住費 合計
30,222円
第1段階 9,000円 第1段階 24,600円 63,822円
第2段階 11,700円 第2段階 24,600円 66,522円
第3段階 19,500円 第3段階 39,300円 89,022円
上記以外 41,400円 上記以外 87,000円 158,622円

2. ショートステイ ご利用料金

利用料(介護保険1日あたりの費用)
併設型・ユニット型・短期入所生活介護費(I)

介護度 金額 利用者負担 単位
要支援 1 5,705円 571円 533
要支援 2 7,085円 709円 662
要介護 1 7,607円 761円 711
要介護 2 8,360円 836円 781
要介護 3 9,143円 915円 854
要介護 4 9,896円 990円 924
要介護 5 10,627円 1,063円 993

加算

加算項目 金額 利用者負担 単位
サービス提供体制強化加算(Ⅱ) 62円 7円 6
機能訓練体制加算 125円 13円 12
送迎加算 1,964円 197円 184

滞在費

対象者 滞在費
利用者負担 第1段階 820円
利用者負担 第2段階 820円
利用者負担 第3段階 1,310円
上記以外の方 2,900円/1日

・日用生活費・・・50円/1日
・連絡ノート代・・・235円(初回利用時のみ請求)

食事料金:食事ごとに料金がかかります。

対象者 1日あたり 昼・おやつ
利用者負担額 1,380円 310円 450円 620円

要介護5の方(月30日の場合)

対象者 上限となる食事代金
利用者負担第1段階 300円/1日
利用者負担第2段階 390円/1日
利用者負担第3段階 650円/1日
上記以外の方 1,380円/1日

3.(介護予防)小規模多機能居宅介護費 ご利用料金

中重度となっても住み慣れた自宅や地域において在宅生活を継続することを支える観点から、「通い」を中心として、利用者の様態や希望などに応じ、随時「訪問」や「泊まり」を組み合わせて提供するサービスです。
登録制となっており、定員は25名で、1日の利用定員は15名(宿泊も含む)です。利用に際し介護支援専門員が当事業所の介護支援専門員に変更となり、ケアプランの作成を致します。

利用料 平成24年4月1日現在

介護度 単位数 金額 利用者負担
要支援 1 4,819単位 50,740円 5,084円
要支援 2 8,345単位 88,039円 8,804円
要介護 1 12,880単位 135,884円 13,589円
要介護 2 17,775単位 187,526円 18,753円
要介護 3 24,736単位 260,964円 26,097円
要介護 4 27,047単位 285,345円 28,535円
要介護 5 29,570単位 311,963円 31,197円

※利用開始日より30日間、初期加算といたしまして、30単位加算されます。
※利用単位数に要支援1・2の方にはサービス提供体制強化加算(II)350単位、要介護1以上の方には神戸市小規模多機能型居宅介護費市町村独自加算(II)200単位、介護職員配置加算(I)900単位、サービス提供体制強化加算(II)350単位が上乗せにて加算されております。


食費(1日 1,380円)

朝食 昼食・おやつ 夕食 合計
310円 450円 620円 1,380円

※介護保険負担限度額認定証は使用できません。


宿泊費(日額)

2,000円

※急な宿泊にも対応できるよう柔軟に対応させて頂きます。
※宿泊のみのご利用も可能です。

訪問

随時、電話連絡・訪問し安否確認を致します。必要に応じて日常生活の介助を行わさせて頂きます。

※下記のサービスは小規模多機能型居宅介護サービスを利用している間に使用した場合、全額自己負担になります。

(居宅サービス)
訪問介護、訪問入浴介護、通所介護、通所リハビリテーション、短期入所生活介護、短期入所療養介護、特定施設入居者生活介護、居宅介護支援、介護タクシー

(地域密着型サービス)
夜間対応型訪問介護、認知症対応型通所介護、認知症対応型共同生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型老人福祉施設入所者生活介護

※介護予防小規模多機能型居宅介護についても同様です。

※小規模多機能型居宅介護サービスを利用している人が外部の他の介護保険の居宅サービスで使用できるサービスは、訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、福祉用具貸与・販売・住宅改修です。

4. 通所介護(デイサービス) ご利用料金

通常規模型通所介護費 介護予防通所介護費


《通常規模型 5時間以上7時間未満》 平成24年4月1日現在

要介護度 金額 利用者負担(日額) 単位数
要介護 1 6,290円 629円 602
要介護 2 7,398円 740円 708
要介護 3 8,506円 851円 814
要介護 4 9,614円 962円 920
要介護 5 10,721円 1,073 1,026
食費 450円 450円  

※送迎を基本単位に包括。

その他の加算 金額 利用者負担 単位数
入浴介助 522円 53円 50
サービス提供体制強化加算(II) 62円 7円 6
介護職員処遇改善加算(I) 使用単位数×1.9%の単位数

《介護予防》

要支援度 金額 利用者負担(日額) 単位数
要支援 1 21,934円 2,194円 2,099
要支援 2 43,942円 4,395円 4,205
食費 450円 450円  

※送迎を基本単位に包括。


その他の加算 金額 利用者負担 単位数
生活機能向上グループ活動加算 1,045円 105円 100
サービス提供体制強化加算(II)
(要支援1)
250円 25円 24
サービス提供体制強化加算(II)
(要支援2)
501円 51円 48
介護職員処遇改善加算(I) 使用単位数×1.9%の単位数

※月単位の包括報酬になります。

5. 訪問介護 ご利用料金

●要介護用

利用料は、サービスの内容・利用する時間の長さによって異なります。下の表の「利用料」が利用者が負担して頂く目安の金額(「サービス費用」の1割)です。(平成24年4月1日現在)


《指定》(1回あたり・神戸市内)

区分
身体介護中心型
単位 料金
20分以上30分未満 254 272円
30分以上1時間未満 402 431円
1時間以上30分を増すごとに89円 584 625円

(1回あたり・神戸市内)

区分
生活援助中心型
単位 料金
20分以上45分未満 190 203円
45分以上 235 251円

●要支援用

利用料の種類は、次の3種類があります。

  1. 1. 週1回程度の利用の場合
  2. 2. 週2回程度の利用の場合
  3. 3. 上記2を超える利用が必要な場合
  4. ※3は要支援2の方のみ

※利用料は、月単位での算定となります。

下の表の「利用料」が利用者が自己負担して頂く目安の金額(「サービス費用」の1 割)です。

《予防》(1月あたり)

利用回数 単位 利用料
①週1回程度の利用の場合 1220 1,305円
②週2回程度の利用の場合 2440 2,611円
③上記②を超える場合(要支援2の方のみ) 3870 4,141円

※介護職員処遇改善加算(I)・・・使用単位数×4.0%の単位数
(上記利用料は、加算されていない金額の表示です)。

※お客様が、まだ要介護認定を受けていない場合には、サービスの利用料金の全額を 一旦お支払い頂きます。要介護の認定を受けた後、自己負担額を除く金額が介護保険 から払い戻されます。(償還払い)償還払いとなる場合、お客様が保険給付の申請を行う為に必要となる事項を記載した、「サービス提供証明書」を交付します。

※月途中の利用開始・利用中止の場合でも、原則として日割りの計算は行いません。 月途中の計算を行う場合は、
(例)要介護←→要支援 のように認定結果が変わった場合
要支援1←→要支援2 のように認定結果が変わった場合
事業所の変更時 などです。

※サービスの利用開始の月にサービス提供責任者が訪問した時、若しくは、担当の訪問介護員にサービス提供責任者が同行訪問した時には、その当該月に一回に限り、約214円の加算をいたします。